茅ヶ崎映画祭2013

0
    昨日は第二回茅ヶ崎映画祭に行きました。

    茅ヶ崎館にて
    是枝裕和監督の映画「誰も知らない」が上映。

    上映後、
    カンヌにて
    審査員賞を受賞された
    監督ご自身が
    帰国後初となる
    トークショーに
    駆けつけてくれました。

    監督は
    「歩いても歩いても」の作品以降
    脚本はすべて茅ヶ崎館にて
    執筆されているとのこと。

    もちろん
    今回カンヌで賞をとった
    「そして父になる」の
    脚本もここ茅ヶ崎で誕生しました。

    関係者のはからいにより
    トークショー終了後に
    ご挨拶をさせていただく機会に
    恵まれました。


    ↑↑↑
    ずっと想っていた
    夢がひとつ叶った瞬間です。


     
    是枝監督からも
    「おっ、貴重な本持ってるね」
    と言われたサイン本も
    治療院にありますので
    よかったら見てくださいネ。

    アラジン登場

    0


      お引越し
      される方から
      「大事に使ってくれそうだから」と
      譲っていただいた
      アラジンのストーブが
      大活躍!!

      ぬくぬくと
      温もりのある
      あたたかさが
      感じられます。

      末永く
      使い込んで
      いきたいと
      思います。

      ありがとうございます!!


      米寿のお祝い

      0


        開業以来、
        お世話になっている方へ
        米寿のお祝いに
        88本のバラのプレゼント!!

        なんだか
        プロポーズしてしまいそうな
        気分になりました(笑)。

        いつまでも
        お元気で〜。 

        院内図書

        0
          少し前に
          NHK「男前列伝」
          紹介されていた
          書家・井上有一。


          生前の
          住まいが
          寒川ということで
          調べてみると
          ながく茅ヶ崎に
          住んでいたことが
          わかった。

          前衛書道家として
          活躍しつつも
          茅ヶ崎第一中学校、
          松林中学校など
          茅ヶ崎の教員も
          されていたそうだ。

          最終的には
          寒川町立旭小学校校長まで
          勤めた。


          確実にこわい先生だったに違いない・・・

          しかし
          作品をみると
          型破りで
          自由な表現に
          あふれつつも
          一貫して
          筋の通った力強さを
          感じさせます。

          きっと
          教育方針にも
          あらわれていたのではと・・・。

          指導者としても
          貴重な存在だったはず。

          さっそく
          2000年に
          茅ヶ崎美術館で
          開催された
          パンフを入手。


          待ち時間にどうぞ〜!
           

          OKEBA

          0


            今日の午前中は
            オープンしたばかりの
            ギャラリーOKEBAに
            お祝いも兼ねて
            伺いました。

            場所は
            湘南ビールでおなじみの
            熊澤酒造
            敷地内にあります。

            こけら落としの
            展示会では
            茅ヶ崎・湘南を
            中心に活躍する
            作家さんのグループ展。

            もちろん
            知人の作家さん方も
            参加されてます。

            一見の価値ありなのは
            いつもお世話になっている
            眞壁陸二画伯の
            実子の肖像画。

            レンブラントよろしく
            技巧的な明暗対比により
            新生児の輝きを
            大きく放ってました。

            眞壁先生の
            「愛」に
            父親として
            ちょっとジェラシー。(笑)

            感動です!!


            熊澤社長直々に
            ギャラリーの案内を
            していただき
            「サトルくんにちょうどいい本が・・・」と

            昭和14年発行の
            ”難病を治したお灸と薬草療法三百八十種”という
            非常にマニアックな貴重本を
            頂戴してしまいました。

            ありがとうございます。

            内容は別の機会に・・・。




            その後、
            隣接のトラットリアにて
            おいしいランチに
            舌鼓・・・。

            ぜひ行ってみてください!!

            プーさん 紙コップ

            0


              新年から
              ボトルウォーターの
              紙コップを
              変えてみました。

              今回は
              「クマのプーさん」

              これまでの
              こだわりの
              デザイン紙コップも好評で、
              使用後に
              持ち帰る方も
              多くかったです。

              初の
              キャラ紙コップで
              さらに持ち帰り度が
              アップしてくれることを
              期待してます。

              再利用で
              エコに貢献!!

              よろしくどうぞ!

              ありがとう

              0


                長い間
                ある部位の不調に
                悩まされていた方が
                息子さんのご紹介で
                来院された。

                医療機関や
                いろいろな治療を
                受けてきたが
                効果があがらず、
                今回も
                あきらめ気味の
                ご様子だった。

                いつもと変わらぬ
                アプローチの施術をし
                わずかではあるが
                施術前とは
                違うカラダを実感して
                いただけた。

                表情も明るくなり
                まだ自分の
                カラダがよくなる
                兆しがあることに
                希望を持って
                くださったようだった。



                帰り際に
                父親から
                息子さんに
                真顔で言った

                「ありがとう」

                というコトバが
                深く響いた。








                 

                やさしい石けんのつくりかた

                0

                  先日
                  very much moreさんから
                  いただいた
                  「やさしい石けんのつくりかた」を
                  参考に
                  実際に石けんを
                  作ってみました。



                  ・・・まぜまぜ・・・まぜ・・・

                  オリーブオイルと
                  苛性ソーダを
                  混ぜてます。

                  とろみが
                  出たところで
                  ゼラニウムの
                  アロマオイルを追加。

                  約ふた晩
                  寝かせると
                  レアチーズケーキのように
                  固まってきます。

                  レアの
                  石けんの状態で
                  丸く形成。。。

                  この形成が
                  なかなかムズい。

                  レア石けんは
                  お餅のように
                  手にくっつくので、
                  ラップに包んで
                  形成してから
                  表面を乾かしてみた。

                  すると
                  表面パリパリの
                  中ネットリで
                  再形成が困難な
                  ことが発覚!!

                  無骨な
                  ゲンコツ石けんに
                  なってしまった!!

                  さらに
                  これから
                  じっくりと
                  1ヶ月半以上かけて
                  熟成させるのです。

                  今日から
                  院内は
                  ほのかな
                  ゼラニウムの
                  香りに包まれてます。

                  流木の鳥

                  0

                    衝動買い
                    しました!!

                    流木で作られた
                    鳥のオブジェです。

                    なんとも言えない
                    イイ感じの
                    雰囲気を漂わせてます。

                    不思議に
                    治療院にも
                    よく馴染むなぁ〜、
                    と思ったら
                    谷中のクラシコさんや
                    ロスのtortoiseさんでも
                    お取り扱いされてます。

                    クラシコさんは
                    僕の施術着の
                    CANVAS&CLOTHさんを、

                    tortoiseさんは
                    院内のほとんどの
                    オブジェを飾っている
                    古賀くんの作品を
                    扱うという共通項が!!


                    無意識的に
                    自然の流れで
                    出会うカタチと
                    なりました。

                    何かのご縁ですね。


                    古賀くんも
                    自然のモノから
                    新しい生命を
                    作り出す作家さんですから
                    針原さんの作品とも
                    相性がいいハズです。



                    胸〜羽にかけての
                    自然なねじれが
                    美しくもあります。


                    作家である針原 修さんのHPより
                    浜辺に強い風が吹いたあと、
                    岩にぶつかり削られ、
                    砂の上を転がり磨かれ、
                    海水に洗われ、
                    波間を漂う。

                    やがて
                    名も無き浜に打ち上げられ、
                    長い旅を終える流木。

                    一見何の変哲もない
                    ただの木片に過ぎない流木に、
                    新たな命を吹き込みました。

                    人の手では決して作り得ない
                    自然の造形美。

                    翼を得た流木は、
                    今また新たな旅路へと
                    羽ばたいていくかのようです。


                    今日、
                    ウチに来た鳥は
                    九十九里出身だそう。

                    これから
                    湘南の海で
                    新たな暮らしを
                    過ごすことになります。




                    本棚

                    0
                      懇意にしている
                      inu it furnitureから
                      オーダーしていた
                      本棚が納品と
                      なりました!パチパチ拍手



                      テーマの本というと
                      旅・建築・アート
                      デザイン・雑貨などなど・・・。

                      書店にはあまり
                      並ばない本が中心です。

                      すでに
                      絶版・品切れなどの
                      貴重本もアリ。

                      完全にワタシの
                      趣味の本棚に
                      なっております(笑)。

                      本にちなんで
                      壁には
                      この日のために
                      去年に購入しておいた
                      飯田竜太さんの作品も
                      ディスプレイ。

                      かなり
                      緻密な作品ですので
                      どうなっているかは
                      実際に目で確認してください。









                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << July 2017 >>

                      定休日



                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      書いた記事数:418 最後に更新した日:2017/07/05

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM